レビトラ(Levitra)

レビトラとは

バイアグラは世界で初めてED治療薬として認可され、国内では3種類のED治療薬が認可されてます。バイアグラの次に認可されたED治療薬が、レビトラなのです。ドイツのバイエル社から発売され、日本で正式認可されました。レビトラの名前の由来はフランス語の男性定冠詞である(le)とラテン語で生命という意味の(vitra)を組み合わせたもので男性の生命を表しています。また、レビトラのパッケージにはマッチの炎をモチーフにしおり、マッチはこすればすぐに着火することから、レビトラの即効性を表しています。

レビトラの飲み方

国内で認可されている3種類のED治療薬は特徴があり、それぞれ適した飲み方があります。レビトラの飲み方についてご紹介します。

レビトラ飲むタイミングについて

レビトラは即効性が高いED治療薬で有名です。服用から20分~30分程度で効果が現れ、最高血中濃度に達するまでに40分~50分程度です。そのため、性行為を行う30分前に飲む事をお勧めします。しかし、効果を現れる時間や最高血中濃度に達するまでの時間には個人差があります。最初の使用は、効果を最大限に実感する為、性行為を行う1時間程前に飲みましょう。
また、レビトラの特徴でもある、日本で認可されている3種類のED治療薬はどれも特徴があるため、その飲み方に関してもそれぞれ適した方法があります。ここでは、レビトラの飲み方についてご紹介します。

レビトラ飲み合せ

レビトラを服用する場合、水で飲む人が多いかと思いますが、お茶やお酒、ジュースで飲んでも問題ありません。バイアグラなどはアルコールで服用すると薬の効果が強まったり逆に弱まったりする事がありますが、レビトラはそういった効果は認められていません。少量のお酒であればリラックス効果が得られ、ED改善に関していい効果があるともいわれています。ただし、過度な飲酒は危険であるため注意が必要です。
また、ジュースは基本的に問題ありませんが、グレープフルーツジュースでの服用は避けましょう。グレープフルーツにはフラノクマリン酸という成分が含まれており、薬の吸収率を高める効果があり、予期せぬ副作用が発生する可能性があり注意が必要です。

レビトラ服用量

レビトラには5mg、10mg、20mgの3種類があります。このうち、5mgは効果が低いことから取り扱われていないことが多く、10mgと20mgのどちらかを服用することがほとんどです。
10mgと20mgのどちらを服用するかは医師と相談して決定されますが、基本的に10mgで効果がでている場合は20mgを服用する必要はありません。たしかに20mgのほうが高い効果を得られますが、10mgで効果がでている場合には20mgを服用してもそれほど大きな変化はありません。それどころか、20mgで身体が慣れてしまうと10mgでは効果が感じられなくなってしまったり、強い副作用が出てしまったりといった可能性があるため、できるだけ含有量の小さいものから試していくようにしましょう。バイアグラに比べて食事の影響を受けにくい薬だとされていますが、まったく影響を受けないというわけではありません。最大の効果を得るためには、やはり空腹時に服用するのが最適であるといえます。食後に服用しなければいけない場合は、あっさりとしたメニューを選びましょう。

レビトラの効果・効能

ED治療薬であるレビトラは、基本的な効果や効能は、男性器の勃起の補助になります。その効果・効能について、ご紹介します。

レビトラのメカニズム

男性器の勃起は、性的刺激や興奮によって細胞内にcGMPという物質が増え、血管を拡張させることで起こります。しばらくするとcGMPを壊すことができるPDE-5という酵素の働きによってcGMPが壊され、血管が収縮することで勃起が治まります。ところが、EDの場合はこのPDE-5の働きが強すぎるために、勃起する前にcGMPが壊されてしまいます。レビトラはPDE-5の働きを阻害する薬で、男性器の勃起を補助する効果に優れているのです。

レビトラ食事の影響

レビトラは食事の影響を受けにくいですが、まったく受けないわけではありません。影響を受けない食事には、いくつかの条件があります。
製造元であるバイエルの資料では、「標準的な食事の影響は受けない」とされており、なおかつ「総エネルギーの脂肪の割合は30%以内」という条件があります。栄養学でいう標準的な食事とは、成人男性の場合で1食あたりおよそ700kcalです。その30%ということは、210kcalまでの脂肪であれば影響をおよぼさない食事であるといえます。食後にレビトラを服用する場合は、総エネルギー700kcal、脂肪210kcalが限度であることに注目しよう。

レビトラの効果時間

レビトラの特徴は即効性の高い薬で、個人差もありますが早ければ20分程度で効果が現れます。早く効く薬のなかには持続時間が短いものもありますが、レビトラの場合、持続時間もバイアグラよりやや長く、5~10時間程度です。幅があるのは、服用する容量によって持続時間が異なるためです。レビトラは10mgか20mgを服用することが多く、持続時間は、およそ10mgで約5~6時間、20mgで約8~10時間とされています。効果を発揮するまでの時間や持続時間は、体質やその日の体調に左右されますが、この程度の時間で効果を実感できます。
10mgに比べて20mgは持続時間が長いため、より長い時間効果を持続させたい場合には20mgを服用するのがいいでしょう。ただし、効果が強くなるので副作用が強くでる割合も高くなる為、注意が必要です。

効果時間も食事の影響を受ける事がある
レビトラは食事の影響を受けにくい薬ですが、食事のとり方が大事です。カロリーや脂肪量が一定を超えると、レビトラでも食事の影響を受けてしまいます。これは、効果時間に関しても同じです。空腹時と満腹時では空腹時のほうが効果が現れるのが早く、またその効果も強く発揮されるようになります。

レビトラ服用の注意

レビトラを服用するにあたって、何点か注意しなければならないことがあります。これを守らなければ最大限の効果が発揮されなかったり、重篤な副作用が発生したりといった可能性があります。

併用禁忌薬
併用禁忌薬とは、一緒に飲んではいけない薬のこと。飲み合わせによっては重篤な副作用が発生してしまうことがあります。これらを避けるため、特に危険な薬については併用禁忌薬に指定されるのです。レビトラにも併用禁忌薬がり、レビトラを服用する際は自分の飲んでいる薬を必ず確認する必要があります。また、別の病気で薬を処方してもらう際にも、レビトラを服用していることを必ず医師に伝えましょう。

あくまでも、男性器の勃起を補助する薬であることに注意
レビトラはED治療薬であり、男性器の勃起を補助するための薬です。ED治療薬を求める人のなかにはED治療薬と精力剤を同様に考える人も多く、これらはまったく違う薬です。レビトラを服用したからといって自然に勃起するわけではなく、あくまでも性的な刺激や興奮がなければ勃起せず、精力増強効果もありません。当然、催淫作用もなく、性欲を増進させることもないのです。たとえ効果時間内であっても、性的刺激や興奮がなければ勃起は治まります。効果が発揮されていないわけではなく、それが正しい作用なのです。

食前・食後の服用タイミング
レビトラは食事に影響を受けにくい薬ですが、空腹時に服用するのが最もいい飲み方です。食前にレビトラを服用する場合、食事の30分前に服用する事をお勧めします。レビトラを服用してから食事までの時間が短いと、レビトラが吸収される前に食事の吸収が始まるため、薬の成分が体内にうまく吸収されません。服用から30分経過していれば薬の成分は吸収され、安心して食事ができます。持続時間も5時間以上あるため、問題にはなりません。
どうしても食後にレビトラを服用しなければいけない場合は、食事から最低でも2時間は間を置くと良いでしょう。2時間位間が空けば、基本的には食事は消化されるため、影響を受けにくくなります。ただし、お肉や揚げ物など油を多く使う料理や脂肪分が多いメニュー避けましょう。そういった場合は、さらに間隔を空けて服用するといいでしょう。あっさりしたメニューであれば2時間かからずに消化されるため、すぐにレビトラを服用してもあまり影響はありません。自身の食事に合わせてどれくらい時間を空ければいいのかを考えることが大切です。

レビトラの副作用

レビトラでは重度な副作用はほとんど確認されていませんが、軽度な副作用はいくつか確認されています。

軽度な副作用
レビトラの副作用として確認されているものとしては、

●顔のほてり
●目の充血
●頭痛
●動機
●鼻づまり
などがあります。特に顔のほてりや目の充血は現れやすい副作用で、多くの方が体験しています。こうした軽度の副作用は、レビトラの血管拡張作用によって引き起こされています。副作用というと心配になることも多いと思いますが、これらは人体に大きな影響を与えるものではなく、薬が効いてきた証拠だと思って下さい。頭痛が気になることもありますが、市販の頭痛薬を併用しても問題ないとされています。

それ以外の副作用
副作用は、多くの人が体験する軽度な副作用ですので、あまり気になさらないでください。これら以外にも、いくつか確認されている副作用があります。たとえば消化不良や光に対する過敏症、下痢、背部痛などがあげられます。こうした副作用は4~6時間程度で治まることが多いのですが、場合によってはそれ以上続くこともあります。もし長く続くようであれば、医師に相談してみましょう。体質によってはレビトラが合わないケースもあるため、他のED治療薬を試してみることも大切です。

レビトラの成分とは?

レビトラ(一般名:バルデナフィル塩酸塩水和物)に含まれている主な成分は、有効成分であるバルデナフィルです。バルデナフィルには、PDE-5というEDの原因となる酵素を阻害する働きがあります。この働きにより、男性器の正常な勃起を補助しているのです。レビトラには10mgと20mgの2種類がありますが、これらは有効成分であるバルデナフィルの含有量を示しています。レビトラ20mgは、バルデナフィル塩酸塩水和物23.705mgのなかにバルデナフィル20mgを含んでいるという意味になります。同様に、レビトラ10mgにはバルデナフィルが10mg含まれています。レビトラには5mgのものもありますが、効果が低いことから多くの医療機関で取り扱われていません。

バルデナフィル塩酸塩水和物の特徴バルデナフィル塩酸塩水和物は、少し黄みがかった白色の結晶性の粉末です。そのため、レビトラ自体も黄色い錠剤となっています。このバルデナフィル塩酸塩水和物には水に溶けやすいという性質があり、日本で認可されている3種類のED治療薬のなかではレビトラにしかない特徴です。この性質があるために、レビトラは3種類のED治療薬のなかで最高血中濃度に達するまでの時間が最も短く、一番即効性の高いED治療薬です。

レビトラを服用できない方

ED治療薬としてレビトラを服用希望しても、場合によっては使用できないケースの人もいます。たとえば、以下のようなケースではレビトラを処方することができません。

●レビトラの成分に対して過敏症の既往がある
●QT延長症候群である
●硝酸剤、一酸化窒素供与剤、クラスIAまたはクラスⅢの抗不整脈薬、リトナビル、インジナビル、ケトコナゾール、イトラコナゾールなど併用禁忌薬を投与中
●6ヶ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往がある
●重度の肝機能障害がある
●血液透析が必要な腎障害がある
●不安定狭心症がある
●低血圧(安静時収縮期血圧<90mmHg)または管理されていない高血圧(安静時収縮期血圧>170mmHgまたは安静時拡張期血圧>100mmHg)
●網膜色素変性症である

レビトラの雑学

レビトラの使用期限
レビトラはPTPシートに入った状態で処方され、このシートには使用期限が書かれていない事が多いです。レビトラの使用期限は2年位で、いつ製造されたかは、処方した医療機関にしかわからないため、十分に確認しておきましょう。
また、シートから取り出した状態でも、高温多湿と直射日光を避ければ1年程度は保管できます。

糖尿病のケースでも有意性が認められている
糖尿病の指標のひとつにHbA1cというものがありますが、これの数値が高い事例には勃起パフォーマンスドメインスコアが悪くなる性質にあります。
つまり、糖尿病が悪くなると重度のEDになる見込みが高くなるのです。
レビトラは糖尿病患者に対しても有意性が認められているため、今までほかのED治療薬でいい成果がでなかった時でも試してみる価値があるといえます。

レビトラ(Levitra)通信販売通信販売

↓元気販売公式ホームページはこちら↓

https://genkihanbai.info/products/list.php?category_id=43

レビトラの通信販売(通販)は、安心、安全、安価の元気販売にお任せ下さい。

正規品100%保障
お届け100%保障

レビトラ(Levitra)通信販売→ 今すぐ購入