カベルタ(バイアグラ)

カベルタの説明

カベルタは、バイアグラのジェネリック(インド製)
カベルタもカマグラやぺネグラ、シラグラと同じく、シルデナフィルが有効成分として含有しているバイアグラのインド製ジェネリック医薬品です。製造販売する製薬会社はランバクシー・ラボラトリーズ社(Ranbaxy Laboratories Limited)です。ジェネリック医薬品を扱う会社の中では全世界で10位以内に入るほど大きな会社で、世界7カ国に工場を持ち医薬品も150カ国以上で発売されインドでは最大手の製薬会社です。
あまり知られてませんが、2008年に東京日本橋に本社を置く日本の大手製薬メーカーである第一三共株式会社が買収しています。第一三共としては新薬開発から特許が切れてジェネリック発売という医薬品販売の一連の流れを一緒にすることで収益基盤を強固にしたり、ランバクシーの販路を活用することが狙いだったようです。

この時点でジェネリック医薬品の製造販売はランバクシーと連携して行うということからバイアグラの特許が切れる2014年に「シルデナフィルクエン酸塩錠」がバイアグラ錠のジェネリック医薬品として登場してくると考えられました。しかしランバクシーの工場における衛生管理問題やランバクシー従業員による試験結果の改ざん発覚などで2工場と、原薬を供給する1工場が対米禁輸措置を受けることをきっかけに2014年4月に第一三共はランバクシーとインドのサン・ファーマとを合併させることに踏み切り事実上はランバクシーを株式交換という形で売却することになりました。これにより第一三共はサン・ファーマの株の9%を保有することになりました。
以上の経緯で今現在、ランバクシー・ラボラトリーズ社はサン・ファーマ社の子会社となっています。そのため現在流通しているカベルタは全てサン・ファーマ製です。

カベルタの効果

カベルタの有効成分はバイアグラと同じシルデナフィルで、効果効能及び副作用はバイアグラとほとんど同様です。作用機序はPDE5を阻害して血管を拡張させて血流量を増やし勃起を維持させる効果です。

しかし有効成分が同じシルデナフィルを安定化させる製法・製造は異なってくるので作用発現までの時間や作用時間や作用の強さなどに多少の違いがあります。これは国内にあるジェネリック医薬品全てに言えることです。

カベルタの用法

服用方法もバイアグラと同じですが、重要なことは、薬の効果を最大限引き出すには空腹時に服用する事です。よく、お水以外のもので飲んだ方がいいかどうかという質問がございます。答えは何で飲んでも問題ございません。お酒が弱い方はお酒で飲むのは避けて下さい。アルコールの血管拡張効果とカベルタの血管拡張効果で血流がよくなり過ぎてお酒が一気に回って倒れる可能性があります。

カベルタ服用時の注意点

カベルタもシルデナフィル製剤なので、ニトログリセリン系である硝酸剤との服用は危険ですので一緒に服用しないで下さい。
他にも不整脈のお薬である「アンカロン錠」と「アミオダロン塩酸塩錠」も禁忌です。
詳しくは医師に相談しましょう。

国内に流通しているカベルタは主に100mgです。シルデナフィルが50mgである日本のバイアグラの倍量も有効成分が含まれています。ですので身体が大きな方で、そのまま100mgを服用しても問題ありませんが並の日本人体系の方は100mgを半分に割って50mgにして服用して下さい。

カベルタも他のインド製ジェネリック医薬品と同じくインド国内の医療機関で処方を受ける以外で正規品を購入することは難しいです。日本国内でカベルタを購入するには、インターネットで個人輸入代行業者サイトから購入できます。

しかし個人輸入代行サイトは沢山あり、偽装品を扱う悪質な業者もあります。バイアグラの偽物、カベルタの偽物、カマグラ、シラグラ、ペネグラの偽物は、沢山流通しています。今現在では日本の厚労省で認可を得た正規品のバイアグラジェネリックの発売が開始され、以前より低価格にて処方が受けられます。

カベルタ通販サイトランキング

1位  元気販売

2位 お薬館
3位 アイパワー
4位 テジャスメディスン

カベルタ(CAVERTA)通信販売通信販売

↓元気販売公式ホームページはこちら↓

https://genkihanbai.info/products/list.php?category_id=43

カベルタの通信販売(通販)は、安心、安全、安価の元気販売にお任せ下さい。

正規品100%保障
お届け100%保障

カベルタ(CAVERTA)通信販売→ 今すぐ購入