アバナフィル

アバナフィルとは?

アバナフィルの主成分ステンドラは、国内大手製薬会社の田辺三菱製薬会社によって開発された成分で、既にあるED治療薬のバイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)に比べて、即効性に優れていることが特徴のED勃起薬です。また、シアリス同様に、食事やアルコールの影響を受けにくく、副作用の症状も現れにくいこともアバナフィルの特徴です。

日本でアバナフィルが、何故あまり知られていないかと言うと、田辺三菱製薬会社はアバナフィルの日本および一部のアジアを除いた、全世界での製造販売権利を2001年2月にアメリカに本社を置くヴィヴス(Vivus)社に譲渡したことで、日本国内では未発売となっているためと思います。その後、ヴィヴス社は、アメリカで医薬品等の製造・販売について管轄する機関FDA(アメリカ食品医薬品局)から、2012年4月にアバナフィルを有効成分とするED治療薬の承認を受けてステンドラの販売が開始されました。アバナフィルの成分ステンドラには、50mg錠、100mg錠、200mg錠があり、アバナフィルの1日の量は200mgまでとなっております。200mgと聞くと、高用量で不安に感じる人も多いかもしれませんが、アバナフィルは即効性があり効き目はマイルドな強さですので、過度に心配しないでください。

アバナフィルの効果

アバナフィルの主成分ステンドラは、バイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)と同じでPDE5阻害薬に分類され、PDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素を妨げることで勃起を維持させます。勃起は、性的興奮や性的刺激を受けると、脳から神経を介し一酸化窒素(NO)を供給する指令を出し、NOが供給されるとcGMP(サイリックGMP)を生成します。cGMPは平滑筋(血管の筋肉)を緩めることで血管を拡張させる働きがあり、海綿体に血液が流れ込むようになり、勃起が起こる仕組みです。しかし、このままの状態が続くと勃起した状態が続くので、性的興奮が収まるとcGMPの働きを止めるための酵素(PDE5)がcGMPを分解することで勃起は収まります。ED勃起不全の方は、もともとNOの分泌量が少ないうえにPDE5の働きにより勃起が起こりにくくなっていると考えられています。アバナフィルは、このPDE5の働きを阻害することにより陰茎の動脈、海綿体にある平滑筋肉の環状グアノシン一リン酸(cGMP)を増加させる作用があり、血管が拡張され陰茎動脈への血流を増加させることで勃起を促します。

アバナフィルの飲み方

アバナフィルは、即効性があるのが特徴ですので、性行為の約30分~1時間前に水、又はぬるま湯(白湯)で服用してください。脂肪分のある牛乳などで服用すると胃壁に膜を張り、消化や吸収の妨げになり効目が半減しますので注意してください。

アバナフィルはシアリスと同じように食事の影響を受けにくいと言われてますが、他のED治療薬と同様に空腹時に服用して下さい。シアリスは800Kcalまでなら食事の影響を受けないとされていますが、全く受けないという訳ではございません。アバナフィルも同様に全くうけないという訳ではありませんので、どうしても食後に服用される場合は、油分の少ないさっぱりした食事を摂るようにして下さい。最大限の効果を得るには空腹時に飲むことをお勧めいたします。また、過度の飲酒も効果の半減の原因になりますので注意して下さい。

1日1錠を服用し、アバナフィルの極量は200mgとされています。次の服用までには24時間以上、間隔を空けて下さい。

服用後は、個人差がありますが約6~8時間程度の持続効果があります。

アバナフィルの副作用

アバナフィルは副作用の症状が発現しにくいED治療薬ですが、他のED治療薬と同じように血管を拡張することにより血流をよくするためバイアグラ、レビトラ、シアリスと同様の副作用が確認されています。
主な副作用は、「頭痛」、「動悸」、「めまい」、「顔のほてり」、「目の充血」、「鼻づまり」などがあります。こうした症状は、急な血行促進によるもので発現しやすく、数時間で治まり、軽度の症状の場合が多いです。中には全く気にならないという方もいらっしゃいます。薬が効きはじめたサインとお考え下さい。また、稀に一過性の視覚異常の症状が発現することもあり、まぶしい、いつもと色が違って見える、などの症状がでる場合があります。

アバナフィルは他のED治療薬と同様に重篤な副作用の報告はありませんので、過度の心配せず、安心して服用して下さい。

また、どうしても頭痛が気になってしまう方は、頭痛薬(ロキソニン)などの鎮痛剤との併用も可能です。

アバナフィルを服用できない方

・不整脈や狭心症、または心不全等の持病がある方
・低血圧やまたは治療による管理のされていない高血圧症の方
・重度の肝機能障害のある方
・重度の腎機能障害、または人工透析を行っている方
・過去6カ月以内に心臓の手術を受けたり、脳梗塞を起こした方
・多発性骨髄腫・白血病・鎌状赤血球貧血などの血液細胞に問題のある方
・変形ペニス形状の方
・網膜色素変性症(夜盲症・視野狭窄)の方

アバナフィル通販サイトランキング

1位  元気販売

2位 お薬館
3位 アイパワー
4位 テジャスメディスン

アバナフィル通信販売通信販売

↓元気販売公式ホームページはこちら↓

https://genkihanbai.info/products/list.php?category_id=43

アバナフィルの通信販売(通販)は、安心、安全、安価の元気販売にお任せ下さい。

正規品100%保障
お届け100%保障

アバナフィル通信販売→ 今すぐ購入